Category
教材について
Category

目と耳でわかりやすく音楽を学べます

初心者がまず覚えなければならない音の名前と順番を、ただピアノと楽譜と言葉だけで説明しても楽しいとはなかなか感じられません。どれみの階段は組み立て式教材なので自分で並べて音の順番を自然に覚えられます。そして鍵盤が高くなるにつれて音も高くなるというシンプルなルールはお子様の頭にすんなりと入ってきます。黒鍵もあるので全音、半音の説明もしやすく活用の幅が広い教材です。

音が上がる、下がると一口に言っても大人は何となく理解できますが、小さなお子様はその言葉のニュアンスと意味を理解することは意外と難しいものです。階段をあがると音が高くなり、下がると低くなるという教え方を教材として形にしたのがどれみの階段です。その名の通り鍵盤が階段になっているので視覚的にも小さいお子様は理解しやすいです。お気に入りの人形を使い階段を上らせてみたり、歌いながら上り下りしてみたりと、使い方は色々あります。木製なので一つひとつは重くなく、小さいお子様でも簡単に扱えます。布テープが巻かれているので楽に除菌もでき、安全衛生面でも指導に適しています。もし布テープがはがれてしまっても、ご連絡いただければ無料で新しいパーツと交換します。お子様にもっとピアノを好きになってもらうために、先生がもっと楽しくレッスンできるために、どれみの階段をご活用ください。特に体験レッスンや導入レッスンで力を発揮する教材です。

RELATED

関連記事